川崎大師みずの耳鼻咽喉科 川崎市,川崎区,大師駅前,川崎大師駅 耳鼻いんこう科

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
 

 

【原因】

肥満・あごが小さい・アデノイド扁桃肥大・鼻炎による鼻づまり・アルコール

日本人はやせていても、あごが小さいなどの顔の特徴から睡眠時無呼吸にかかる人が多くみられます。太っていないから大丈夫と判断してはいけません。 

【症状】

  • 大きないびきや無呼吸
  • 日中の耐え難い眠気
  • 夜間2回以上のトイレ
  • 熟睡感の欠如
  • 起床時の疲労や頭痛、口内乾燥
  • 集中力、記憶力の低下 

【合併症】

  • 繰り返す低酸素血症のために高血圧、心筋梗塞、脳卒中、高血糖などを引きおこす。
  • 日中の眠気のため居眠り運転などによる交通事故のリスクが高くなる。 

【検査】

  1. 問診
  2. スクリーニング
  3. 簡易検査
  4. ポリソムノグラフィー

 当院では問診を行ない睡眠無呼吸症候群が疑われる患者様には簡易検査を行うことができます。

【治療】

  • 生活習慣の改善
  • CPAP療法(一定圧を加えた空気を鼻から送り込むことによって上気道の閉塞を取り除き、睡眠中の気道を確保する非常に有効な治療法です)
  • 手術、歯科装具による治療(当院では行っておりません。他医院を紹介いたします)

【自己チェック】

もし、以下の状況になったとしたら、どのくらいうとうとする(数秒~数分眠ってしまう)と思いますか。最近の日常生活を思いうかべてお答えください。  以下の状況になったことが実際になくても、その状況になればどうなるかを想像してお答え下さい。
できる限りすべての項目にお答えください。

 

うとうとする可能性は

ほとんどない

少しある

半々くらい

高い

1)すわって何かを読んでいるとき

 (新聞、雑誌、本、書類など)

0 1 2 3

2)すわってテレビを見ているとき

0 1 2 3

3)会議、映画館、劇場などで

 静かにすわっているとき

0 1 2 3

4)乗客として1時間続けて

 自動車に乗っているとき

0 1 2 3

5)午後に横になって、休息をとっているとき

0 1 2 3

6)すわって人と話をしているとき

0 1 2 3

7)昼食をとった後(飲酒なし)、

 静かにすわっているとき

0 1 2 3

8)すわって手紙や書類などを書いているとき

0 1 2 3

合計点数が11点以上は強い眠気ありと判断されます。